ダメ男からの脱却

アラサー独身女がダメ男から脱却して幸せになるために悪戦苦闘する話

どっちが似合うと思う?という問いに対する答え

お買い物デート

 

わたしは男の人と服を買いに行ったことはない。何のために一緒に行くのか、あんまり理解できないので、ひとりでサクサクっと買い物しちゃう派

 

デートで着る服を彼に選んでもらうのかしら?男の人も女の長い買い物に付き合わされちゃ疲れそう

わたしの父は、運転手代わりに母とわたしと買い物に出掛けてたけど、待ってる間は本屋に行って、飽きたらベンチでぼーっとしてたな

 

まぁ彼氏とまち歩きデートの途中でかわいい服を見つけることもあるよね

 

で、そんなときによく彼女がこんなことを聞いてこない?

 

「こっちの服とこっちの服だったら、どっちが似合うと思う?」って

 

質問されたんだから、当然答えるよね!彼女が教えてよって言うからね

 

「んーこっちのほうが似合うんじゃない?」

 

って答えた次の瞬間

 

「え?なんでそっちなの?こっちのほうがかわいくない?」

 

って・・・矛盾

 

どっちのほうがいいかと聞かれて、素直に答えただけなのになぜ??って男の人からしたら、理解できないですね

 

でも、女の生態をきちんと知っていれば、対処できるようになります

 

結論を求める男と過程を重んじる女

まず知っていてほしいことは、男はとにかく結果や結論を求める生き物だということ!きっと古くからの習性で、獲物を獲得できたのかどうか、戦いに勝ったのかどうかと、結果や結論が求められてきたんでしょう

 

男は結果や結論がすべてであるので、当然ながら女性との会話の中ですぐ結論付けてしまう

 

でも女性は違うんです!カフェで女性同士が集まれば、何時間でも平気でおしゃべりする生き物なんですわ

答えも結論も何もない会話を延々と続けられるんです

 

すぐに答えを出す男性からしたら理解できないだろうけど、女子ってそういうもん!

これを知っておかないと、痛い目見るよ

 

じゃあさっきの質問の答えの正解は??

 

こっちの服だ!などと結論付けてはいけません!絶対に!こっちでいいんじゃないとか適当に返事をしてしまったら、しばらく彼女の機嫌は戻らない

 

結論に至るまでのプロセスが重要!!

 

複雑なことを言うけど、どっちがいいかという質問は、こっちがいいと答えがほしくて聞いているわけではないということ

 

だから、とりあえずそれぞれの服についての感想を述べてみよ

 

「季節問わず着れそうだね」とか、「着回しできそうだね」とか、「持ってる服と合いそうだよ」とか、まぁ何でもいいです

 

そうすれば、「やっぱりそう思う?」とか「確かにそうだね」とか、アクションが返ってくるので、あとは彼女に会話の流れを任せておけば、自分で勝手に答えを出します

 

まぁ質問した時点でどっちにするかは決まってるから、彼女がしゃべりやすいように、結論を出しやすいようにアシストすればいいってこと

 

めんどくさーって思ったら、疑問系で会話のパスを彼女に返してしまえばいい

 

「君はどっちがいいと思ってるの?」とか「どっちも似合うと思うけど何か違うなって思うの?」とか彼女の意見を聞けばいいんです

 

ただ聞いてほしい、理解してほしい、共感してほしい、それが女という生き物

 

女性との会話の応用編

女性との会話で結論付けてはいけないということを理解していると、あらゆる場面で応用できる

 

例えば、彼女が仕事で悩んでいて、「ほんとしんどい、辛い」って言ってたら、「そんなにしんどいなら辞めて他の仕事したら?」なんてことは絶対に言ってはいけない

 

その答えは彼女自身が決めることだから、あなたが答えを出してはいけない

 

あなたは「何かあったの?」とか「毎日帰りが遅いけど、忙しいの?」とか、彼女がしゃべり出すきっかけを作ればいいだけ

 

あとは彼女が勝手にしゃべって、ストレス解消して、明日からもがんばろうってなるんで

 

めんどくさいけど、これを忘れて結論付けてしまうほうが、彼女の機嫌を取り戻すために余計にめんどくさいことになると思う

 

女性との会話では、結論付けないってことさえ覚えておけば、彼女の機嫌が悪くなる回数は格段に減る!!